MAILご利用について
初めての方へ ご利用について

はじめての方へ

ログイン

Fターン予定の大学生

白石 瑞貴さんの場合

勤務先の市町村/福島県内全域

業界/公務員

職種/公務

Fターン就職しようと思ったのは、いつ頃でしたか

兄姉2人の就職先が決まった時なので、約2年前です。

Fターン就職を決めた理由を教えて下さい

私がFターンを決めた大きな理由は、兄と姉が地元就職をしなかったということです。この大学4年間だけでも実家では良くも悪くも色々ありました。日頃単身赴任で母の側にいられない父の代わりに、自分が母を支えていきたいと思い、地元就職を決意しました。

就職活動で大変だったことは何ですか

大変だったのは、やはり「履歴書の作成」です。自分自身を文字化して説明することは、簡単そうで実は難しかったです。どう書けば分かりやすく、より明確に自分を表現できるか。ということから始まり、いざ書き終えると文字数が過剰になりやり直し。こうしたことの積み重ねで、添削にはかなりの時間を費やしました。

どのような方法でFターン先の企業情報を得ましたか

地元就職は決めていたものの、何をすればいいか分からなかった為、まずは大学のキャリアサポートセンターに足を運びました。そこから、ふるさと福島就職情報センターの方と連絡を取り合うことができ、多くの企業情報を教えていただきました。企業の情報だけでなく、地元各所で行われる大規模な説明会の日程なども教えていただけたので、とても役に立ちました。

ふるさと福島への想い、戻ることにしてよかった点など

私は大学で上京し、4年間東京に住むことになりました。普段は勉学や部活動などでなかなか地元には帰れず、年末年始くらいにしか帰省出来ませんでした。なので、その時によく感じていたのが、ありきたりな事ではありますが、ご飯が美味しかったり人の温かみがより深く感じたということです。こうした、ふるさとの良いところをやはり私は日々感じていたいと思い、戻れてよかったかなと思います。

Fターン就職を検討している皆さんにアドバスをお願いします

地元の方々は、故郷に戻り就職をしてくれる、そして定住してくれる若者を快く受け入れてくれています。一度上京した人間が自らFターン就職を希望する事は、決して難しい事ではありません。こうした地元の方々の想いを知った上で就職活動に望むことは、心にゆとりが出来自分が納得のいく就職活動が出来ると思います。自分の思い描く将来像が現実となるよう、心より応援しています。

˄