MAILご利用について
初めての方へ ご利用について

はじめての方へ

ログイン

Fターン予定の大学生

武野 ふたばさんの場合

勤務先の市町村/福島市

業界/印刷

職種/企画営業職

Fターン就職しようと思ったのは、いつ頃でしたか

3年生の11月頃です。

Fターン就職を決めた理由を教えて下さい

大きな理由として挙げられるのはふくしま若者会議への参加です。
私はずっと東京か福島どちらで就職するか悩んでいました。そんな時、若者会議の存在を知り、何かきっかけになるのではないかと考え実行委員になりました。イベントの運営や実行委員の学生と関わっていく中で、福島の良さを再認識し福島で働きたいと考えるようになりました。
単純に生まれ育った福島が好きということもありました。

就職活動で大変だったことは何ですか

大変だったことは金銭面、試験対策です。
まず1つ目の金銭面です。就職活動期間は交通費が相当かかりました。何度も東京-福島間を行き来し、ピーク時は月に4往復しました。バイトを思うようにできていなかったので親に出してもらうこともありました。
2つ目は試験対策です。数学を避けてきた私にとってはとても苦労した項目です。試験に関しては早めの対策をすることが重要だと思います。

どのような方法でFターン先の企業情報を得ましたか

福島県企業の合同説明会やふるさと福島就職情報センターのイベントに参加したり、Fターンサイトで情報収集したりしました。

ふるさと福島への想い、戻ることにしてよかった点など

私は福島が好きです。豊かな自然がある、おいしい食べ物がある、沢山の観光地がある、家族がいる、最高のふるさとです。東京での生活も名残惜しいですが、新幹線で1時間半の距離です。自分が生まれ育った福島で働くことによって、何か小さなことでも福島にプラスになるような仕事ができたらいいなと思います。若者が少なくなっている今、福島に戻って働くことで、少しでも福島を元気にすることができるように頑張りたいです。

Fターン就職を検討している皆さんにアドバスをお願いします

首都圏で福島県企業の情報を得るのは大変ではないか、と考える方もいらっしゃると思います。実際私もそうでした。ふるさと福島就職情報センターでは、Fターン就職に役立つ情報をたくさん提供しています。私自身、履歴書の添削や悩み相談など大変お世話になりました。少しでも迷っていたらまず相談してみてください。何か変わるかもしれません。

˄